ペラペラ英語目指して
        Taka from Kyoto

・・・50才前から、まだ遅く無いと、無謀にも英語への挑戦!!
           写真と簡単英語(日本語)で日々の出来事などを書いて勉強中・・・

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Taka from Kyoto | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

24 2011

Nadeshiko Flower (撫子の花に思う)

The snap of Nadeshiko flower is attached below; I checked on Internet and borrowed it.
I knew the Name of it, but it was difficult to remember the Nadeshio flower, and then I looked up the flower on Internet. The flower languages are the beautiful woman, the talent, the cheerful and the pure love. I think, everyone is the apt remark.
And they showed us, the persevering fight. I felt again, what one likes, one will do well. Exactly, they love the soccer. The meaning of “ 撫” is stroking, it come from the flower shape, which look like a feather. or a hair ends. BTW、they were brought up stroking the head by the supervision. And he did not forget the word of praise and the play on words. The Spartan style was classic method on my generation. I thought , maybe I become to no1 athlete, if was brought up on such a style. Maybe, maybe; of course, it my wishful thinking. Anyway, the female is mightier than the male on many fields of Japan.  The savior of Japan will be the female; I hope that next prime minister will be female.  Sighing・・・・・


Nadeshiko.jpg

「季節の花300」より


(ネツトで調べた撫子の写真を添付、知っているつもりだったが撫子の花が思い浮かばずインターネットで調べた、花言葉は女性の美・才能・快活・純愛、どれもイメージにアつている感じがする。それと諦めずに戦う姿! 思い出す格言は、“好きこそものの上手なれ!“ 確かに彼らはサッカーに惚れている。 ”撫子の撫“の意味はなでる花の形が羽、毛先に似ている。
ところで、彼女らは監督により頭を撫でて育てられた、褒め言葉とダジャレを交えて、思い出すと我々の時代はスパルタ式のみだったなあ、もし、今の流儀で育てられたら私も一流のアスリートになれたかも? たぶん、希望的観測! ともかく今の日本では女性の方が男性よりパワフルだ、日本を救うためには女性の総理大臣が必要かも、そう、次期総理は女性だ!  アーア)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご訪問いただき有難うございます、勉強中ですので何か気づかれたらアドバイスください。 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へにほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
ランキングに参加しています、クリック宜しく御願いします。励みになります

スポンサーサイト

Posted by Taka from Kyoto | 09:39 | Comment [0] | TrackBack [0] |

05 2009

Small Sky Blue Flower

It was the sky blue small flower. Named “ ohinuno-fuguri” long ago. It came from Europe.

As I saw it first, I probably thought it was beautiful.
However, as time goes on, I forgot that.
I had to forget to feel much more, for growing up.
The flower does not change.
It blooms in every year at side of the road, and green field.
It endures under the ground during the cold winter.
As it smells the odor of the spring, it comes into the bud, at a stretch
Even if the environment were changed; it surely would be in bloom at somewhere.

(スカイブルーの小さな花です、名前は“大犬のフグリ“遠い昔にヨーロッパから渡来した。

初めてみたときは、綺麗だと思った遠い記憶  
時が流れ、そんなことは忘れた
大きくなるために, そんなこと忘れた
でも、花は変わらない、毎年、道端で、原っぱで花を咲かす
地面の中で寒い冬をやり過ごし、春の匂いを嗅ぐと、一気に若い芽を噴出さす
環境が変わって、どこかで、きっと、花を咲かす)

Takam2DSC01467.jpg


Why did I forget such ordinary working of nature?
 The answer is for growing up!                                                                                     
I saw the small flower at green field near plum field last year.
It was really lucky.
Well, to be accurate, I could not notice about it till the time.
Many small wild flowers were there; I was surprised afresh.
I could not turn back to my childhood, but I could meet it with my childhood mind.
It was again this year.

( そんな、自然の繰り返し、なで忘れたんだろう、 大人になるため!
梅園近くで偶然、スカイブルーの小さな花を見つけた、昨年のこと
いや、正確に言うと、そのときまで気づかなかっただけ
沢山の小さな花、改めて驚かされ, 気づく!
子供には戻れないが、昔の気持ちで花に合えた. 今年も! )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご訪問いただき有難うございます、勉強中ですので何か気づかれたらアドバイスください。 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へにほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
ランキングに参加しています、クリック宜しく御願いします。励みになります

写真や・記事内容の転用は、必要な場合は連絡をくださいね.もしあれば。無断転用はご遠慮ください。

Posted by Taka from Kyoto | 17:50 | Comment [6] | TrackBack [0] |

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。