ペラペラ英語目指して
        Taka from Kyoto

・・・50才前から、まだ遅く無いと、無謀にも英語への挑戦!!
           写真と簡単英語(日本語)で日々の出来事などを書いて勉強中・・・

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Taka from Kyoto | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

17 2011

The furious water and gentle water.

The water is a life of human being, it protects us from drying and it quenches our thirst every day. However, this disaster showed again, many kinds of a posture of the water. The people need the drinking water, and the daily life water at the scene, after the crazy water attacked them. TV news is reporting from the scene without a break. In some cases, the water takes our life and saves our life, so that is just like light and shadow. Usually the water is gentle and that is calm, suddenly, why does it change to furious face? Oh, Mather nature, what things did offend you? it is very hard scene, isn't it?

(水は人間の命、渇きから守り喉を潤してくれる、でも、惨事は幾つもの水の顔をみせつけた。飲み水が、生活用水が、狂った水に襲われた後、水が必要なのだ。テレビのニュースが災害現場から引っ切り無しに伝える。 時として、水は命を育見、また、奪う、光と影のように。 普段の水は穏やかで優しい、なぜ怒り狂ったのか。何が母なる大自然をそうさせたのか。 まことに痛々しい!)

I looked for the good scene of the water; I wish it restructure as soon as possible.
And I pray and I cut down everything until I see the rainbow with all people again.

(優しい水をさがした、できるだけ速く復旧することを祈る、そして節約す,みんなで虹がまたみられるまで。)


mDSC04187_R.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご訪問いただき有難うございます、勉強中ですので何か気づかれたらアドバイスください。 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へにほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
ランキングに参加しています、クリック宜しく御願いします。励みになります。

スポンサーサイト

Posted by Taka from Kyoto | 18:16 | Comment [0] | TrackBack [0] | 京都

09 2011

Flower gallery

Also, they held one other special event there. It was the gallery of the flower. It was the greenhouse of the colorful flower. I was surprised again, and I was very impressed. Because, I met many beautiful flowers. Spring had come inside of the greenhouse. “More people will come on Sunday; we are lucky, because today is Saturday” such a voice came in to my ears.
I attach my favorite flowers below.

mDSC04209_R.jpg

mDSC04202_R.jpg

mDSC04234_R.jpg

(もう一つイベントが植物園で開かれていた、“花の廻廊“ カラフル花が飾られた温室だ、大変きれいなたくさんの花に会え、そこはすでに春が訪れていた、再度驚かされ、感激した。”今日は土曜日だからラッキーだよ、日曜日はもっとこんざつするぞ!“そんな声が耳に入った。  お気に入りの写真を添付。)

mDSC04214_R.jpg

mDSC04227_R.jpg

mDSC04228_R.jpg

mDSC04246_R.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご訪問いただき有難うございます、勉強中ですので何か気づかれたらアドバイスください。 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へにほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
ランキングに参加しています、クリック宜しく御願いします。励みになります。

Posted by Taka from Kyoto | 18:49 | Comment [2] | TrackBack [0] | 京都

06 2011

Cammellia Exhibition

The bright weather tempted me to go driving a car; I went to Kyoto botanical garden after few months. There was no colorful color at Kyoto botanical garden. It seemed typical winter view. But many cars were in the car park. Why! I had no idea. When I approached an entrance gate, the poster of a camellia exhibition came into my eyes. I saw that way many people visited there. I remembered that I read the book about the flower, and there were many kind of flower of the camellia was reported on it.
Also I visited small temple, which was called Camellia temple, to see the flowers about two years ago. People love it from old time, because, it shows us the colorful flower on this season. The event did not let me down; there were many wonderful flowers inside of an exhibition hall. It looks like a rose; also it looks like a lily, and many kinds of noble colors. Sweet-smelling of flowers hung in the air.

DSC04153_R.jpg

DSC04155 - コピー_R_R

DSC04158_R_R.jpg

DSC04162_R_R.jpg


(なんとなく暖かい日差しに誘われ、久しぶりに京都植物園へ出かけた、残念ながら,まだ典型的な冬色の園内、春のカラフルな色はまだない。でも駐車場が異常に混んでいた。なぜ!
入口に近づくと椿展のポスターが目に入った、これがお目当てか。椿には数百の花の種類があることを以前に本で読んだのを思い出した、それと、二年ほど前の椿寺と言われている小さなお寺に花を見に行ったことなども思い出した。
日本人は昔からこの時期に綺麗な花を見せてくれる椿が好きなのだ、展示会は期待以上だった、バラのような花、また、ユリのような花、上品なたくさんの色、部屋の中は甘い香りが漂っていた。)

DSC04167_R_R.jpg

DSC04172_R_R.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご訪問いただき有難うございます、勉強中ですので何か気づかれたらアドバイスください。 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へにほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
ランキングに参加しています、クリック宜しく御願いします。励みになります

Posted by Taka from Kyoto | 17:31 | Comment [4] | TrackBack [0] | 京都

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。